ビジュアル重視のプレゼンテーションが、あなたのプレゼンを崩壊させている!最新の現場プレゼンのノウハウを提供

メインビジュアル2
メインビジュアル1
メインビジュアル3

「世界一の産業用スイッチメーカーを目指しています」日本開閉器工業(JASDAQ:6943)の大橋智成社長がグローバルな思いを語った。「

 学生の頃からクラブ活動を通じて、勝つことにこだわってきました。私のこだわりは、単なる勝利ではなく、完璧に勝つということです」

 完璧に勝つとは?「野球に例えると簡単です。ノーヒットノーランで勝つのが理想ではなく、完全試合で勝つということです」

 確かに、同じ勝利であっても、ノーヒットノーランは四球等があっても成立する。なるほど、こう考えると、完全試合とは完璧な勝利だ。「

 経営へのこだわりも同様です。単なる数字上の世界一を目指しているのではありません。世界中のどの国でもシェアナンバー1ということです。これが完璧な勝利だと思います」

 ここまで来ると、シェアナンバー1、というより世界制覇といっても過言ではない。経営に関するその他の思い入れも聞いた。

 「裸の王様にならないためにも、コミュニケーションを大切にしています」昨今、社員との意思疎通を重要視する経営者は多い。経営者の意志を現場まで届け、現場の問題を素早く汲み取るためには、当然といえば当然なのかもしれない。

 更に聞くと、「社員とのコミュニケーションで大切なのは、時間ではなく回数だと私は考えています。つまり、1ヵ月に1時間話す時間を設けるよりは、毎日数分でも時間を作って回数を重ねることが意思疎通には重要だと考えております」経営者として、的確な判断をするためには、質の高いタイムリーな情報が欠かせない。

 経営者としての日々のこうした努力が最高の舵取りの源泉になっているに違いない。

         ☆             ☆

 日本開閉器工業は産業用小型スイッチ専業の最大手企業で、トグルスイッチに関しては圧倒的な世界シェアを誇る。

 創業以来50余年の歴史があり、今や同社のスイッチは、宇宙衛星機器からコンピュータ、アミューズメント・ 放送音響機器、FA自動化機器、航空、鉄道、船舶、医療、防災、制御機器、建設、移動体通信等々あらゆる産業分野にわたって使用されている。

 同社は小さくてもお客様に感動が与えられる会社、「Great Small Company」を目指していて、規模の大きさではなく、中身の濃さを最優先している。産業用スイッチという分野に特化し、「品質」と「性能」と「スピード」を追求している。

 どうやら、同社の成長のためのマスタースイッチは、常にオンのようである。

フッタ

~ 日本プレゼンテーション研究所 所長の上場企業社長訪問記 ~

日本プレゼンテーション研究所 > 所長の上場企業訪問記 > 日本開閉器工業(JASDAQ上場)

右:大橋社長

プレゼンテーションは技術ではありません。タイミングです。

トップページ

教材紹介

教材購入

プレゼンテーションの真実

研究所概要

ニュース一覧

パシフィックネット
日本開閉器工業

アイフィスジャパン

アビックス
デジタルハーツ
アルク
シニアコミュニケーションズ

ワイズテーブルコープレーション
ワコム

10 オイレス工業
11 イーピーエス
12 ザッパラス

会社概要サービス案内プレゼンテーションのコツプレゼンテーション教材購入プレゼンテーション教材日本プレゼンテーション研究所